ブログ

2008.6.20 ●診療録(カルテ)開示●自由診療の注意事項●薬のみ・無診療投薬の禁止

●当院では電子カルテを、常に開示しながら診療をしております。患者自身が医師の説明に基づき、診療中の検査や処置、投薬内容を的確に認識することによっても、疾患は早く改善し、治癒するものと当院では考えております。
電子カルテの記載内容を直接確認し理解しながら、ご自身の疾患についてご不明な点は、お気軽にご質問ください。
また、当院は医療費抑制の観点からジェネリック医薬品を基本に処方し、患者の希望に合わせて院内処方も実施しております。なお、発行した院外処方箋はどちらの調剤薬局でも受付できます。

●自由診療は保険診療と合わせて行うと混合診療となる場合もあるため(厚生労働大臣が定めた、先進医療等に関わる評価療養と患者の選択に関する選定療養は除く)、通常の保険診療と同日に処方、施術をすることはできません。

また、別日でも保険診療と関連性のある自由診療はできません。ご理解の程、宜しくお願い致します。

当院では自由診療への誘導・勧誘も一切致しませんので、お気軽にご質問ください。

●医療機関は処方箋を出す際に、法令で診療をしなければなりません。当院では法令もありますが、細かい所見や症状の変化に合わせて投薬内容を適切に調整する必要があるため順守しております。「別な医療機関では受付で処方箋だけを出した」などと発言される方もおりますが、院内処方の方も医療ミス防止のためにも、長時間お待たせして誠に申し訳ありませんが、ご理解の程、宜しくお願い致します。