ブログ

池田皮膚科クリニック院長ブログ

2018.6.16 開院10周年およびロトの剣

当院は平成20年6月16日に開業し、開院10周年を迎えました。10周年記念としまして、製作期間2年4ヵ月を経てドラゴンクエスト、伝説の「ロトの剣」を精巧に復元しました。

オリハルコン製ではありませんが、美術品として院内展示いたしますので、ぜひご覧ください。

平成24年4月1日より医療法人 秀浩会となりました。

院長・副院長・非常勤医師3名の医師5名、看護師、医療事務および補助職員の30名体制となり、職員一同、協力して地域医療に貢献したいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

DSC_0002IMG_20151031_180645

2018.4.24 月刊タクティクスの虚偽掲載について

月刊タクティクス(有限会社タクティクス・福島市)の2018年4月第299号の虚偽掲載について、当医療法人 秀浩会では正論が通用する可能性はないと判断しておりますが、このような不正に対し断固とした対応を続けることに意義があると考えております。当医療法人や当グループ関連会社のホームページでは、毎月合計1万人以上の受診やアクセス閲覧があるため、ほんのわずかに購読された、ごく一部の方が万が一にも事実誤認をされないように正確な事実を公表することも責務であると考えております。また来月以降、掲載されても当グループでは全く影響がないため、その都度、厳正に法的な対応を検討しております(※2018年5月7日~WEBサイトやネット上の匿名投稿等も信用調査会社・専門家(プロ)へ定期的に依頼し、特定後は選定の上で同様に対処する予定です)。

掲載以降、前年比の4月24日まで1511名、むしろ患者数が急増しており、虚偽記載の影響はなく善良な市民の方々の賢明な正しい判断に感謝しております。当医療法人の損害は確認されないものの「名誉棄損」には該当するため、月刊タクティクス被害者の会・各業界の関係者の方々の多くの支援もあり、現在、弁護士の先生方より警察(検察)に被害届と発刊停止の仮処分の申請、刑事告訴も検討しております。掲載内容で「噂では・ないか?・はず」と曖昧な表現を用い、断言をしない論調で読者の憶測に任せる手法を活用していますが、極めて悪質であり司法の判断に委ねたいと考えております。下記は具体的な虚偽掲載内容、⇒が正しい事実内容です(当医療法人や関連企業には全て確証や証拠資料も完備されております)。

①伊達郡医師会などの関係者から聞こえてくる内容は ⇒伊達医師会では、当該事項を取材されたり回答した事実は一切、ありません。

②美容整形を売り物にしてきた同クリニック ⇒当院は美容整形(豊胸手術・鼻を高くしたり、二重まぶた手術等)自体を実施しておりません。厚生労働省承認医療機器を使用し、学会のガイドラインを遵守した適切な自由診療は実施しておりますが、延べ52万9320人の当医療法人を受診された方々が、既知の通り保険診療主体の医療機関です。

③更に医療ミスによる訴訟を抱えているはず ⇒当院は平成20年6月の開業以来、約10年間、一度も医療訴訟や行政処分は一切、ありません。

④マルチ商法・他社の化粧品と比して数倍高いのではないか? ⇒全国の医療機関で取り扱われている各製薬会社の製品を定められた共通の金額で販売しております。なお、特に院内では7000円を超える化粧品の取り扱いはありませんので、他社と比して数倍高いのではないか?との記載には明らかに該当しません。なお、当院も含め全国の医療機関が使用する製品パンフレットを配布している各製薬会社とも協議し、特定商取引法を遵守した正しいガイドラインと治験・臨床データ等のどの点がマルチ商法?と記載する根拠になるのかを今後、訴追する意向です。なお、(株)ダーマルラボに関しましても起業以来、10年間、一度も訴訟や行政処分は一切、ありません。

⑤謎の財団 ⇒池田福祉財団(非営利型・解散時は伊達市に全資産寄付)は池田善治理事長(元県議会議長・梁川町長)・大橋信夫理事(JA会長)・今泉裕理事(連合福島会長)および評議員から構成され主に伊達市・県北地区の健康福祉活動・ボランティア活動等を地元の多くの方々が既知のように実施しております。詳細は財団ホームページで善意の活動内容や実際のボランティア写真画像等も合わせてご確認いただければ幸いです。

⑥私立の獨協医大仕込みの怪しい・・・ ⇒この記載に関しては本学・獨協医大をはじめ県内の多くの獨協医大の先生方とも調整・連携し、集団的対応も検討しております。

●池田敏博氏(当院顧問)の記載に関して ⇒本人コメント:自分自身が被害者であり、東邦銀行にも借入金がなく、債務自体がないので債権回収になる理由がありません(東邦銀行確認済み)。

●池田順子氏の記載に関して ⇒本人コメント:自分自身が「トップ当選する」と発言したことはなく、伊達市の多くの支援者の方々から「伊達市議会選挙でトップ当選できるように応援しております」との応援メッセージを頂きました。なお、5月1日より伊達市議会議員として市政に誠心誠意、尽力いたします。

●池田秀幸氏(当院院長)⇒本人コメント:怪しいと言われる当院の裏側とのタイトル記載に関し、職員一同で当院の裏側を確認しましたが「郵便ポスト」「エアコン室外機」以外、特に怪しい不審物はありませんでした。

※医療法人 秀浩会および当グループ関連会社では虚偽掲載に屈することはありません。また、月刊タクティクス(有限会社タクティクス・福島市)への法人協賛や年間購読(個人12000円・法人120000円)の申し込みをする意向も一切、ありません。

 

2017.12.1 忘年会

本年も、残すところ僅かとなり、忘年会の時節となりました。

ご多忙の中、多数のお来賓の方々のご参加、ご祝辞、誠にありがとうございました。

2017.8.18 新しい風

政界若手の方々から、これからの教育・福祉・医療など様々な分野において国政の貴重な意見を頂きました。

●真山祐一(衆議院議員)●池田秀幸(医療法人 秀浩会 理事長)●三浦のぶひろ(参議院議員)敬称略

2015.11.1 各界の方々との懇親会

各界の方々から、これからの高齢化社会における地域医療の在り方など貴重なご意見を頂きました。

職員研修を終え、今後とも、当院は皮膚科領域の認定医療機関として地域医療に貢献したいと思います。

●富田茂之(衆議院議員)●池田敏博(当医療法人 顧問・元SFJ CEO)●遠藤利明(五輪担当大臣)敬称略

●石井啓一(国土交通大臣)●池田敏博(同上)敬称略

●池田順子(株式会社 ダーマルラボ 代表取締役)●内堀雅雄(福島県知事)敬称略

●菅義偉(内閣官房長官)●池田敏博(同上)敬称略 首相官邸

FullSizeRender2石井大臣IMG_20151103_0838331460758743869

2014.12.9 公明党 山口代表の訪問・各政財界の方々との懇親会

各政財界の方々から、これからの地域医療、高齢化社会における医療の在り方など貴重なご意見を頂きました。

今後とも、当院は皮膚科領域の認定医療機関として地域医療に貢献したいと思います。

●山口那津男(公明党代表)●茂木敏充(自民党選挙対策委員長・元経済産業大臣)●池田敏博(当医療法人 顧問・元SFJ CEO)●額賀福志郎(自民党税制調査会委員長・元財務大臣)敬称略

●宮古一夫(創価学会 総県総主事)●池田敏博(同上)●浅見茂(創価学会 副会長)敬称略

DSC_1062DSC_1064DSC_1107FullSizeRender

2014.3.1 太陽光発電システムおよび除雪システム

平成26年度から当院では、災害停電時を想定して大容量の太陽光発電システムを導入します。

また、合わせまして当院駐車場には大雪の際に、提携企業の大型除雪車による対応や溶雪システムを導入しております。

駐車の際は、第一駐車場(クリニック建物側)を利用くださいますようお願いいたします。

2013.10.31 ダーマルラボ福島店・保原店OPEN

平成24年10月7日 ダーマルラボ福島店(イオン福島店近く、西松屋向い)OPEN。

平成26年2月1日 ダーマルラボ保原店(当院より約2キロ、保原高校近く)OPEN。

ピーリング、イオン導入、最新型の脱毛システムやラジオ波+中周波EMS痩身機器を導入し、多様なご要望に対応いたします。

2013.5.31 電子カルテ・車内待機システムと駐車場増設(おもいやり駐車場)

平成25年9月~電子カルテ(ラボテック)を全て最新型システムに移管しました。
電子カルテは12台構成になり、診察の効率化によって待ち時間が短縮されます。

平成25年9月~当院駐車場は5450㎡(1650坪)に拡張され、身障者用2台、一般者用100台、職員用18台(合計120台)となります。

なお、受付の際に当院駐車場内で車内待機をご希望の方には、受信機を配布しております(90名までは院内にて着席いただけます)。

*小児待合室(キッズルーム)をご利用の際は、受付時にそちらで待機することを、お気軽にスタッフまでお申し出ください。

*当院は福島県の「おもいやり駐車場利用制度」の協力施設です。

やさしいまちづくりの推進のため、皆様方のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

2010.2.21 池田善治の米寿を祝う会・旭日中綬章授与

池田善治の米寿を祝う会(連合後援会)・旭日中綬章授与

渡部恒三(民主党最高顧問)、玄葉光一郎(外務大臣)、佐藤雄平(福島県知事)(敬称略)をはじめ、

ご多忙の中、政財界の多数の方々にご祝辞・ご来賓を賜りまして、誠にありがとうございました。